365日。

明日で震災から1年。

この1週間、テレビではたくさん震災関連番組をやっています。今もNHKで岩手の様子が流れています。きっと明日はどのチャンネルを回しても、震災関連一色になるでしょうね。

ちょうど今から半年前も「震災から半年」の番組で、テレビがいっぱいになりました。でも、それも数日でなくなりました。その頃に私は山田町にボランティアに行きました。途中、釜石や大槌を通りながら山田に向い、初めて現地であちこちで作業をしながら、まだまだ復興なんて言える状態ではない、これは自分が想像していた以上にとんでもない時間とお金が必要だ、とよく分かりました。

それまでもできる範囲で募金とかしてたけど、行ってみて、これはずっとやめたらあかんな、いつまでも忘れずに続けないとあかんなと実感できた経験でした。とにかく忘れないことが大事やなと。

本当はみんなにまんべんなくお金が行き渡るような支援が理想だと思うけれど、あまりにも影響を受けた範囲が広すぎるので、私はとりあえず自分がいった山田やその周辺を積極的に支援していこうと思っています。そして余裕があればその他もと考えています。

e0066369_11261521.jpg
これは、浜のミサンガ「環(たまき)」。かつてホタテや牡蠣の殻むきや、水産加工のお仕事をしていた三陸の浜の女性達が仕事を失っているのを支援できるようにはじまったプロジェクトです。浜のお母さんたちの手作りのミサンガ。真ん中の茶色い部分は魚を取るための網、周りの白いところは麻ひもです。大きいミサンガは器用なお母さん達、細いほうは、手仕事に慣れていないお母さん達が作ったものです。売り上げの半分ぐらいが、作り手さんの収入になります。

e0066369_11263329.jpg
三陸一帯のプロジェクトですが、通し番号が付いています。私のは山田町で9201番目に作られたモノです。



今、テレビの画面は福島の場面に変わりました。帰りたくても家に帰らせてもらえない人達。自主避難の結果、家族が離ればなれになってしまった人達、あるいは一旦避難させた子供達を家に戻す決断をしたもののこれでよかったのか悩み続けている人達。そして家族全員で福島から出て、「自分たちは故郷を捨てて逃げてきた」と悩む人達。

特に福島のことについては、何が正しい選択なのかなんて、誰にも分かりません。こうやって自分の家でテレビを見ながら…実際に当事者でない私が、軽々しく自分の意見を言うことはできませんが、だからといって、やっぱり忘れてはいけないし、無関心ではいけないということだけは間違っていないと思います。

この週末はいつも以上に東北のことを考える機会が多いはずですが、それは当然のこと。それよりも、その後もちゃんとこの気持ちを保てる自分でありたいな。そして、自分は何をできるのか、ずっと考えていきたい。
[PR]
by cita_cita | 2012-03-10 11:43 | その他
<< 台湾へ 「料理処はな」@川端丸太町 >>