グアムとハワイとレイのはなし。

e0066369_12165210.jpg今日はちょっとまじめな話を…
会社で、お客様をグアムにご招待するツアーがあり、そこでお客様にレイをかけて歓迎するという企画が社員からあがりました。担当の人が、旅行代理店に手配をお願いしたところ、グアムでは本来、レイの習慣はなく、それはハワイのものであるため手配は難しいですとの返事。私もここで初めて知ったのですが、調べてみるとグアムはミクロネシア文化、ハワイはポリネシア文化、似て非なる文化であり、レイは本来ハワイで魔よけのお守りとして使われていたものが歓迎や祝福にも用いられるようになったとのこと。

従って、グアムでレイを準備することは難しいという代理店の話は本当だったのです。でも、私の部署では「絶対にレイを用意してお客様に喜んでもらおう!」の一点張り。かわいそうに、担当の人と代理店の方が奔走し、結局マレーシアからレイ(多分造花でしょうか)を取り寄せて間に合わせたと聞きました。しかも社員が出し物として、そのレイを身に着けてポリネシアンダンスの出し物もしたとか…グアムはポリネシアではないのに。

なんだかなー…これって、ある意味グアムの方に非常に失礼なことなのではないかと思うのは私だけしょうか。自分たちの文化を無視されて、こちらの思い込み(グアム=ハワイと似た南国=同じ文化)を押し付けられ、違う文化であるレイを使って歓迎のあいさつをさせられたグアムの方の気持ちはどうだったのでしょう。グアムとハワイというとぴんと来ないかもしれませんが、例えば外国からのお客さんを成田空港で出迎えるのに、チャイナドレスを着て出迎えてくれといわれたら、いくらドレスがきれいでも私だったらムッとすると思います。それは自分が中国に対してどう思っているかという問題ではなく、日本人として心からの歓迎の気持ちでお客様を迎えたいのに、なぜ、今ここでチャイナドレスなのかという意味で…

ハリウッド映画で、変なキモノを着た日本人が中国っぽいBGMにのって現れるような場面って、みんな苦笑いしてるけどあんまりいい気はしないですよね?似ているからそれぐらいいいじゃんでは、すまないと思うのですが…私の考え、固すぎるのかな?
[PR]
by cita_cita | 2005-10-31 23:18 | その他
<< 「はじめての三線」漆畑文彦 マッキーと「桃」 >>