ちょっとまじめな話。

私の働く会社では「哲学」をすごく大切にしているのですが、その創業者である稲盛和夫氏の考え方の中でこのような言葉があります。

”人間は万物の霊長として、この地球で大きな役割を与えられています。私たちはその役割を認識し、人生において魂を磨いてゆく義務があり、常に精進を重ねて行かなくてはならない。それが、人間は何のために生きるのかという問いに対する解答でもあると思うのです。一生懸命働くこと、感謝の心を忘れないこと、善い思い、正しい行いに努めること、素直な反省心でいつも自分を律すること、日々の暮らしの中で心を磨き、人格を高め続けること、そのような当たり前のことを一生懸命行って行くことに、まさに生きる意義があるし、それ以外に人間としての「生き方」は無いように思います”

私達社員は、毎日朝礼でこのような哲学をベースにした名誉会長の著書を輪読して、そのテーマについて自分の体験につなげた感想を順番にみんなの前で話す時間があります。私も、この習慣を10年以上毎日続けているわけですが、やっぱり継続は力なりというのはその通りだなと最近思います。多分、この考え方と出会わなければ、腰痛改善のためにヨガをやりはじめた時もそれほど自分に響くものは無かったような気はするし、ヨガのアーサナの練習はしても、ヨガ哲学の勉強はしなかったと思う。これまでにやってきた、他の趣味と同様に熱病的に数年がんばって、息切れして、遠ざかってしまったと思います。

稲盛氏の考え方を宗教じみているだとか、怪しいとか色々批判する人もいますが(っていうか、実際臨済宗の僧籍を持っているのだから宗教じみて当然)、私はどうせ何かの仕事をするならばこのような哲学をもつ会社で働いてこられてよかったと今になって改めて感じているし、やっぱり彼の言う「宇宙の意思」とか「魂を磨く義務」っていうのは存在すると、私は思います。怪しいかな?

ちなみに「宇宙の意思」っていうのはこういう話です。

”この世にはすべてのものを進化発展させていく流れがあります。これは「宇宙の意思」というべきものです。この「宇宙の意思」は愛と誠と調和に満ち満ちています。そして私達一人一人の思いが発するエネルギーと、この「宇宙の意思」とが同調するのか、反発しあうのかによってその人の運命が決まってきます。宇宙の流れと同調し、調和をするようなきれいな心で描く美しい思いをもつことによって運命も明るくひらけていくのです”
[PR]
by cita_cita | 2011-11-10 20:30 | その他
<< 東北ボランティア日記 6日目&最終日 東北ボランティア日記 5日目 >>