「日々ごはん」 高山なおみ

e0066369_23423983.jpg
高山なおみさんは、私がいちばん尊敬する、そして大好きな料理研究家。
彼女が自分のホームページで綴っている同タイトルの日記「日々ごはん」をまとめたのがこの本。
高山さんの文章を読んでいると、日々の暮らしの中で起こる小さなできごとひとつひとつに対して、彼女が目を向ける視点がすごく新鮮で、ハッとさせられることがしょっちゅうあります。
そして高山さんの料理には、そんな彼女の食べ物に感謝し、食べ物を作ってくれる人たちに感謝し、そしてそれをおいしく食べられる毎日への感謝の気持ちがいっぱいあふれています。

同じく料理研究家として人気があるケンタロウさんほど豪快ではなく、有本葉子さんほど華やかではなく、栗原はるみさんほどもてなし感があるわけでもなく、小林カツ代さんほど「おふくろ」的要素が強いわけでもない…。でも、高山なおみさんの料理っていうジャンルは、確実にしっかり存在していると思います。
彼女の料理の特徴は、とにかく今晩すぐに作りたい!食べてみたい!と思うような日常感。写真などなくても、名前を聞くだけでおいしそう!と思えてしまう分かりやすさ。おうちで安心して毎日食べられる料理です。

私はよく、おいしい居酒屋さんのメニューに並んだ献立を見ているだけで、想像が膨らんで、思わず顔がほころんでしまうようなことがあるんですが、その感覚です。

この「日々ごはん」にも、料理研究家としての作品ではなく、家族のために作ったおうちのご飯のメニューが各ページの余白に書いてあるのですが、これを見てるだけで楽しいです。
たとえばある日のメニューから・・・「豚と大根の梅ナンプラー煮、いかのわた炒め、チンゲン菜のおひたし」「牡蠣とエリンギと菜の花炒め、平目の刺身、蒟蒻のおかか煮」「揚げ里芋と豚肉の黒酢炒め、キャベツとクレソンの塩もみサラダ、浅利の潮汁」などなど。
ね、食べてみたくないですか?

高山さんの料理って、本当に家族のために作る料理がすべてのベースになっていると思います。 プロとして最高の素材を使って…というのではなく、普通の家族が、普通の収入の範囲内で揃えられるせいいっぱいの材料をおいしく食べられる料理。
そうでなければ、「根菜のカレーに、半端に残っていた厚揚げまで入れてしまったが、なかなかおいしかった」とか「晩御飯はクリームシチュー(撮影の残りのじゃがいもグラタンに人参とマッシュルームを加えて作った)」とか、こんな言葉は出てこないと思う。

私もこういう料理を自分で作りだせるようになりたいな。
でもそれには、日々の繰り返ししかないよね。
よし、外に出るには寒くなってきたし、11月は料理強化月間といきましょうか。
[PR]
by cita_cita | 2005-10-25 23:27 | 読書
<< 坂角のゆかり 「アイ・ラブ・ヌーヨーク」 ア... >>