東北ボランティア日記 3日目

チームみえの朝は、6時起床、6:30にラジオ体操、6:45から宿泊所、トイレ、洗面所、玄関の掃除。その後、各自身支度と朝食を済ませて8:15にボランティアセンターに集合です。

e0066369_23313146.jpg
これがボランティアセンター。事務局のほか、ボランティア登録を行う机があり、壁面には各地から送られたメッセージや歴代ボランティアたちが残した寄せ書き、現地の依頼者さんたちからのお礼の手紙など、すきまがないほど掲示されています。

8:30から朝礼があり、センター長のお話、マッチング(仕事の割り振り)発表と作業の注意喚起などがあり、各現場に向けて道具の貸し出し場所に移動して、積み込み、出発となります。

e0066369_2334034.jpg
この日は、前日から引き続き同じお宅の跡地に向かいます。最初、雨が降りそうな気配があったのでカッパを着て作業スタートしましたが、秋とはいえ作業していると暑いです。半袖になりたいところですが、ケガを防止するため長袖でガマン。

e0066369_23383489.jpg
土の中から次々出てくる釘やガラスの破片をつかむのに、皮手袋がとても頼りになります。今まで皮手袋というと冬に見につけるオシャレなやつしか知らなかったのですが、作業用にも様々な皮手袋があり、軍手やゴム手袋だとすぐに手を切ってしまいそうな場面でも安心でした。そして、現場で一番多い怪我が釘の踏み抜き事故なのだそうです。そのため、中に鉄板の入った特殊な中敷を長靴の中に敷いて作業しました。

e0066369_23385052.jpg
途中、こまめに休憩を取ります。休憩のときに飲む水やスポーツドリンクのおいしいこと。体が水分を欲しているのがよく分かります。日ごろはデスクワークでたっぷり汗をかくことは少ないですが、こういうときは人間が生きていくためには水が欠かせないのだなあって実感します。作業中はみんな黙々と自分の仕事に没頭しているので殆ど会話らしい会話はないのですが、休憩時間になるとメンバー同士で色々な話をして、どんどんお互いの関係が近くなっていくのが感じられます。

途中、依頼者さんが何回か現場を訪れて私達に声を掛けてくださったり、ドリンク剤などを差し入れしてくださいました。本来、このような差し入れは依頼者さんの負担になるために「気遣い不要です」と事前に伝えておくべきなのですが、それでもお菓子や飲み物などを差し入れて頂く場面があります。私達の仲間内でも色々な意見が出ましたが、それでも差し入れをいただいてしまった場合には、モノではなくその中にこめられた気持ちを頂いたと捉えて、ありがとうございますとお礼を伝え、喜んで受け取らせていただくということでいいのではないかなと、私は感じました。私はもともとプレゼント好きなところがあるのでそう感じたのかもしれませんが...。

また、依頼主さんから被災時の話をお伺いすることもできました。津波のとき、ここより低い位置に家がある近所の人もこちらに逃げてこられたのだそうです。このあたりはもともと海抜が低かったこともあり、また地盤沈下も起こったのか、今でも海に近いエリアでは少し雨が降るとすぐ水浸しになってしまいます。ここは依頼主さんのお父様のお宅だったそうで、土の中からたくさんの割れた陶器に混じって、奇跡的に完全に形の残った湯のみが出てきました。依頼主さんに見せると「あっこれ、見覚えあります。よく割れずに残っていましたねぇ。」と喜んで持ち帰ってくださいました。

e0066369_23393513.jpg
お家の前を走る線路も橋が壊れたときに切れてしまったのか、途中でなくなっています。

e0066369_23402712.jpg
橋だった部分の手前にもがれきの山ができあがっていました。そこを探していたメンバーがあるものを発見。なんとご位牌でした。依頼主さんにお見せすると、おそらく、近所のお宅のものであろうとのこと。ボランティアセンターに持ち帰ることにしました。

e0066369_2341226.jpg
午前の作業を終え、一旦センターに戻ってお弁当を食べてからまた午後の作業へ。土のう袋もこんなに積みあがりました!

e0066369_23412848.jpg
そして3時半に作業終了。こんなにキレイになり、達成感も味わえました。しかし依頼主さんにとっては、まだまだここからがスタートライン。復興復興と口でいうのは簡単ですが、実際にはこれからの課題もたくさんあると思いますし、時間もかかると思います。そして、現場の回りを見渡せば、あたり一面同じような景色が広がっています。長い目での支援が必要だということがよくわかります。

e0066369_2341454.jpg
帰る途中にローソンへ。元の店舗は流されてしまったので同じ場所でプレハブにて営業中。でも中身は普通のローソン。ちゃんとLoppiもあるよ。

e0066369_2342139.jpg
ここにしかないレア商品も。「ありがとう自衛隊」盛岡タイムス社。震災直後の救援活動から炊き出し、お風呂の設営、物資提供にいたるまで自衛隊の尽力は素晴らしかったそうで、山田の人たちも声をそろえて自衛隊はすごいと話されていました。特に山田には駐屯地があり、地震発生当日の夕方にはもう第1陣が出動していたそうです。周囲からのアクセスが困難で、携帯さえ圏外になってしまった山田町の人たちにとっては本当に心強かったと思います。実際、山田町の名前があまり知られていないのは、情報があまりにも入らなかったため、初期の報道では殆ど名前が出てこなかったことがあるようです。

e0066369_2345410.jpg
センターに戻ると、まずは借りていた道具類の洗浄。毎日キレイに洗って、消毒してから返します。

e0066369_23422163.jpg
ボランティアセンターには、毎日、ボランティアの活動状況が張り出されています。

e0066369_23431727.jpg
宿泊場所の武道場。センターのある体育館と棟続きになっていて、畳が敷いてあります。ここが普段の居室となるので、食事、ミーティングなども行います。夜は自分で持ち込んだ寝袋で眠ります。まだ2日目の夜頃までは、小さいグループに分かれてあちこちでおしゃべりという感じだったのですが、滞在が進むにつれて、だんだんこの輪が大きくなっていくのが楽しかったです。
[PR]
by cita_cita | 2011-09-29 23:45 |
<< 東北ボランティア日記 4日目 東北ボランティア日記 1日目~2日目 >>