波照間の星空が教えてくれたもの

e0066369_23195631.jpg
この写真は波照間島にある「星空観測タワー」。
波照間で見た念願の夜空は本当に本当にきれいで、言葉も出ませんでした。
実は、2年前波照間に初めて行ったとき、運悪く星空観測タワーが定休日で、波照間に1泊しかしなかった私は泣く泣く島を後にしたのでした。
9月に再訪したとき、1日目の夜はすごい風と雨。それでもせめて入りたい!と勇んで行ったものの、風雨のため屋上のドームは閉まったまま、もちろん星空も見えずスゴスゴ宿に戻った私…そして翌日の再リベンジ。この日、初めて、「満点の星空」、天の川と数え切れない流れ星を体験して、波照間の星空に夢中になったのでした。

それ以来、星にすごく興味が出てきて、帰ってきてからプラネタリウムに行ったり、星や月の本を読んだりして勉強中です。

今は毎日、帰りが遅いのですが、駅から家まで歩く間、必ず空を見上げて北極星を確認してから家に入ります。北極星は毎日どの時間でもほとんど位置が変わらないので、自分でポイントを決めて、この場所に立つとこの木のこの枝の横に見えるのが北極星だと発見したので、見つけるのは簡単です。で、それからカシオペアが見つかるという・・・順番が逆ですね(笑)

実は、この数日、すごく気になる星がもうひとつあったのですが、今日その正体が判明しました。今日の月は満月から欠けていく段階で、まだまだすごく明るく大きいのですが、大体夜9時か10時ぐらいに見ると、その月の右上ぐらいにすっごく明るく光る星がひとつあります。
色は他の星と比べるとかなり赤い感じ。実はこれ、火星だったんです。
今月30日に一番接近するそう。数年前の大接近ほどではないですが、かなり近づくらしいです。そして、今は、月をはさんで火星と反対側に「すばる」も見えてるそうです。
私の中では、位置的にたぶんあれだろうなーっていう星(まあまあ明るい)と、もしかしたらあれか?って思う星(かなり明るい)があり、どちらが正解か調べてみたら、すばるって単一の星ではなくプレアデス星団っていう星のかたまりなのですね。

ということは、どっちでもないのかな。トホホ…やっぱり付け焼刃はだめですねえ。
[PR]
by cita_cita | 2005-10-20 23:31 | 沖縄
<< 人参烏龍茶 from 広州 フリヒリアーナの白い家 >>