湯布院トラベル(トラブル!?)家族旅 その1

海の日の3連休に両親と九州に行ってきました。

事前に綿密に計画をたてたはずが、最初から大トラブル発生。大分行きの朝8時の飛行機に乗るべく、余裕を持って6時前に家を出たのですが、途中、名神と中国道の分岐辺りからスローダウン。それでもまだ大丈夫だろうとたかをくくっていたら全然動かず、さすがに7時過ぎたあたりから焦り始めました。伊丹空港までまともに走ったとしても20分はかかるはずなのに、一向に動く気配はなく、ラジオからは「中国道で6台が絡む玉突き事故があり、岡山方面行き渋滞中」という情報が入り、その渋滞ってまさにこれやん!と冷や汗タラリ。車椅子の乗客は一番最初にゲートに行かなくてはいけないので、いくらなんでももう動いてくれなければ間に合いません。

とりあえずJALの予約センターに電話して状況を伝えたものの、「お時間までにカウンターに来られた場合のみの対応となります」って、そりゃ当たり前の回答しか帰ってきません。迷ってる時間もなく、とりあえずチケットがパーになるぐらいならさっさと他の方法を考えようと、予約してた便を全てキャンセルして遅い便に取り直しをしようと決めました。しかし、3連休の初日、午後の大分便は全て満席、とっさに思いついた福岡便も熊本便もキャンセル待ち状態。むむむーどこか空いてないのかと苦し紛れに確認した長崎便は12:50に空きがあるとのこと、飛びつくように予約しました。その後まもなく車は動き出し、当初予定の出発時刻とほぼ同じぐらいに伊丹空港到着。くそー、あともう少しでも早ければと思ったけど、気を取り直して3人でチェックイン。出発まで4時間以上あるし、のんびり時間つぶしでも...というつもりでした、この時点では。

しかし、まださらにどんでん返しがあったのです。大分空港で借りて返却する予定だったレンタカーを、長崎空港で借りられるよう変更しようとレンタカー会社に電話をしたら、連休で空港店だけでなく長崎県内すべて空車なしとのこと。しまった、そこまで予測できてなかった。慌ててインターネット(コイン式のやつ)の前に陣取り、調べられる限りのレンタカー会社に問い合わせたけど同じ答え。やばい、どうしよう。参考までにタクシー会社に電話したら、長崎空港から湯布院までは5万円ぐらいかかりますよとのこと。長崎空港のインフォメーションに事情を説明して他の手段を確認すると、空港近くから湯布院への高速バスがあるとのことだけど、乗り場も降り場も高速のインターチェンジにあるバス停らしく、そこまでタクシーで行かないといけない上、車椅子の父親が上手く乗車できる保証もなく断念。そうこうしているうちにもう1時間ぐらい経ってしまいました。

結局思いつく限りありとあらゆる方法を検討したあげく、2つの選択肢に絞りました。案①:今日は諦めて家に帰って明日の朝の便(JALは満席だったけどANAは空きがあった)で大分に行き、1泊2日で旅行。案②:とりあえず長崎まで行き、長崎からタクシーで諫早駅まで移動し、特急かもめに乗って博多駅へ。博多駅でレンタカーを借りて湯布院まで移動。
幸い、最初に予約してたオリックスレンタカーに状況を説明したところ、博多なら1台確保できるということだったので少し決断を待ってもらい、今日の宿に連絡して事情を説明。すると、通常ならキャンセル料をもらうが、今回は特別に1泊キャンセルしてもチャージはいただきません、また今日の到着であれば遅くなっても出来る限り食事など対応しますと仏様のようなありがたい言葉が!喫茶店で待機してくれてた両親に相談し、②の案を選択することにしました。

一旦そうと決まればあとはプランどおりに行動するだけなので、とりあえず肩の荷が下りましたが、色々調べまくってる最中は果たして自分のやろうとしていることがベストな方法なのか、他にもっといい方法があるのに見落としてるんじゃないだろうかって、気が気じゃなかったです。出発前から疲れました...。

e0066369_22332449.jpg
これは四国上空あたりかな…。

さて、14時すぎに長崎空港に着きましたが、時間に余裕がないのでタクシーに飛び乗り、諫早駅を目指します。もっと近くに大村駅というのがあるのですが、エレベーターがなく車椅子での利用ができないそう。諫早駅までは30分ぐらいでしたが、15:11のかもめに乗りたいというと運転手さんががんばってくれて、15:05頃に駅に到着。駅では、移動など大変だから30分後の電車を勧められましたが、なんとか急いで乗りたかった電車に乗ることができました。本当はスロープの準備や、運転手・車掌さんへの連絡などもあるからかなり無理をしてくださったと思います。タクシーの運転手さん、諫早駅の職員さん、どうもありがとうございました。

諫早から博多へは1時間40分の旅。車窓からは、ずーっと諫早湾を眺めることができます。両親も私も、生まれてはじめて見る諫早湾。どこまでもどこまでも干潟が続き、「ムツゴロウがいるのかなぁ」なんて、つかの間ののんびり時間を味わってるうちに博多へ到着。両親は博多駅の賑やかさに感激したようですが、ここもゆっくりはしていられないので、駅前のレンタカー事務所に行き、車を借りてさっそく出発。この時点でもう17時を回っていました。

e0066369_22342425.jpg
ちなみにレンタカーはコンパクトクラス(キューブとかデミオとか)を希望していたのですが、急だったので空車がなく、同じ料金でワンランク上のSクラスを用意してくれました。しかもプリウス!ラッキー!一度乗ってみたかったのです。

市内からまもなく都市高速に乗り、九州自動車道へ。あとはひたすら湯布院を目指します。途中佐賀県を通過。せっかくここまで来たけれど、長崎・福岡・佐賀は次回以降の旅におあずけです。そしてようやく湯布院の宿に到着したのは19:20でした。本来なら朝の9時には大分空港に到着しているはずだったので、思いがけず長い道中になりましたー(笑)

お宿は「やわらぎの郷 やどや」というところ。かなり行き届いたバリアフリーが自慢で、お部屋やトイレだけでなく、補助具の完備した家族風呂なども充実しています。晩御飯は併設のお食事処で豊後牛と地鶏の焼肉でした。牛肉以上に地鶏がおいしくて追加注文してしまいました。大分名物の麦焼酎を飲んで一服して、お風呂に入ってようやく疲れが癒えました!

で、後で写真をチェックしてびっくり。この日撮った写真、なんとここに貼り付けた2枚のみ。旅のトラブルには結構強い私もこの日はよっぽど余裕がなかったと見えますね…(苦笑)
[PR]
by cita_cita | 2011-07-25 22:36 |
<< はじめてのタカラヅカ レ・コルテのソロ・ブレンダー >>