アルザス@一乗寺

ひさしぶりに行ってきました、アルザス。

e0066369_15462023.jpg
周りは昭和っぽいエリアやのに外から見ると、ここだけフランス。

e0066369_15464862.jpg
この日はシードルが切れていたので、アルザスワイン(ゲベルツ・トラミネール)を頼んで、まずは大好きな豚のリエットとにんじんのサラダから。リエットって何?って聞かれたとき、いつも説明に困るねんけど、お肉をハーブ・スパイスと一緒にコトコト煮込んでホロホロになったものをほぐして、背脂と混ぜてペースト状にしたもの。ってなんか不味そう?でもめっちゃおいしいんです。あったかいパンに塗りつけていただきます。

e0066369_15471580.jpg
こちらはさばの冷製。たっぷりの自家製マヨネーズと一緒に。

e0066369_15473535.jpg
ボリュームのあるものが欲しかったので、シュークルートを頼みました。シュークルートって?と聞かれるといつも「ドイツ風のポトフみたいで、ソーセージとザワークラウト(キャベツの酢漬け)がいっぱい入ってる」としか説明できない私。ホンマはどうなんやろと思って、調べてみたらなんとシュークルートはザワークラウトをフランス語にした「キャベツの酢漬け」そのものを指すことが判明。そうか、そういえば、シュークリームって皮がキャベツの形に似てるからシュー(キャベツ)クリームっていうんだって、どっかで聞いたことある。シュークルート=ザワークラウトやったのか。はぁー目からウロコ。で、そこから転じてキャベツの酢漬けをソーセージ、ベーコン、豚のすね肉など一緒に煮込んでジャガイモをつけ合わせたアルザス料理のことも指す様になったらしい。へぇぇぇぇーそうなんや、そうなんや。

e0066369_15475285.jpg
そんなことも知らずに腹いっぱいになるまで食べまくったこの夜も、やっぱりアルザスの店内は満席で、でもマスターの人柄のせいか、相変わらずのんびりしたええ雰囲気でした。
[PR]
by cita_cita | 2011-07-01 21:57 | おいしいもの
<< 分相応という考え方。 ナイトスイーツバイキング@グラ... >>