カラカラ(伽楽可楽)16号

e0066369_15463924.jpg
沖縄の情報誌「季刊 カラカラ」の最新号、内容が
気に入ったので取り寄せてみました。

16号(8月30日号)の主な内容は以下の通り。
◎特集ゆるやかな、島の時間に抱かれた素顔の暮らしを訪ねる。
宮古、池間、石垣、西表、波照間、与那国…。沖縄の島々を巡るスロートラベル
・沖縄(ウチナー)の海に生きる その1「世界で一番大きな生きもの」
・おおたか静流 波照間島へのうたたび
・西表島の大自然が今日のごちそう。(吉本ナナ子さんのお店紹介)
・マーくんの与那国馬と遊ぶ。
・唄者と歩く生まり島 下地勇
・島々の「そば」を巡る旅

うーん、中身が濃い!そして写真がとても魅力的です。
カラカラは、ここ数号でレイアウトもリニューアルしてとっても垢抜けた感じ。
今回掲載の中では、吉本ナナ子さん(一文字違いのよしもとばななさんとも
「本日の、吉本ばなな」の中でお会いされてました)が西表島で切り盛り
されているお店「はてるま」に行ってみたいなーって思いました。
[PR]
by cita_cita | 2005-10-16 09:57 | 沖縄
<< 「サンショウウオ印」のワイン お寺でほっこり >>