ただいま、バリ。 その1

3年半ぶりのバリはやっぱり最高でした。今思うとなんでこんなに長く行かなかったのかなぁ。韓国も、タイも、ハワイもネパールも素晴らしかったけど、やっぱりバリは私にとって唯一無二の特別な場所。今後一生、ひとつの場所にしか旅できないのであれば、迷いなくバリを選びます。

e0066369_2341302.jpg
さて、今回はシンガポール航空で行きました。ホントは昼に到着できるタイ航空がよかったのですが予約が取れず、デンパサール着は21:00過ぎ。恐れてたビザ取得とパスポートチェックの行列は予想外に空いていて22:30にはホテルにチェックインできました。

e0066369_2342070.jpg
e0066369_23414630.jpg
初日の宿はスミニャックのTHE HAVEN。スミニャックの滞在時間が短いので、とにかくロケーション重視です。ダブル・シックスとJl.スミニャックの角にあるのでショッピングには最適かと。

e0066369_23422295.jpg
眠くなかったのとお腹が空いたので、ふらっと入った店で夜食を。ソト・アヤムとテンペゴレン。

e0066369_23424593.jpg
ホテルは街のど真ん中にありますが、一応プールもあります。

e0066369_2343636.jpg
これはフロント。明るくて清潔な感じ。バリっぽいテイストはありませんね。

翌日は夕方までスミニャックをぶらぶら。Body &SoulやBIASA、PURA VIDAでお買い物。どれもバリ価格にしてはお高めの店だけあって、日本でもちゃんと活用できる服ばかり。特に今回ヒットだったのはPURA VIDA。イタリア人デザイナーの店だけあって、布の選び方や色合いが他の店にはない感じ。

e0066369_2351678.jpg
このワンピースはPURA VIDAで購入したのですが、ストレッチ素材で着心地もよくてこの夏活躍してくれそうです。

でもやっぱり先にスミニャックに行ったのは正解かも。ウブドの後にスミニャックに行くと、どうしてもモノの値段が高く感じてお財布の紐が固くなっちゃいそう。

e0066369_23434226.jpg
e0066369_23435574.jpg
お昼ごはんはワルン・オチャでナシチャンプルを食べました。肉系と野菜系がバランスよく盛り付けられていておいしかったです!

e0066369_23441372.jpg
その後、友達がバリに出店している「楽園ASIA」に行くためクロボカンへ。二条城近くにある同名のお店のバリ店です。

e0066369_2344318.jpg
バリ店の店長はおととしまで京都店で腕を振るっていたバゴン君。久しぶりの再会です!京都にいたときよりもユルくなった感じ。「バリと日本とどっちがいい?」って聞いたら、「どっちもいいよ。日本はお給料がいっぱい、バリはリラックスがいっぱい。」って言ってました。うん、そうだよね。

e0066369_1552794.jpg
歩きつかれたので、The Villasの系列のChillでマッサージ。ここは前にリフレクソロジーを受けてとっても気持ちよかったお気に入りの店。

e0066369_15524259.jpg
今回は90分のHolistic Chillというコースにしました。足も含めたフルボディの施術なので、横になってのトリートメント。写真は取れないのでウェブサイトからお借りしていますが、ここのマッサージの秀逸なところはとにかく静かで自分の世界に入り込めるような工夫がされていること。余計な音を立てないように入り口のドアも完全防音、椅子を動かすときの音を無くすためにセラピストはバランスボールに座って施術。特に、全員にiPodが渡され、イヤホンで音楽を聴き、アイマスクをしながらマッサージを受けるのは想像以上に気持ちいい。店内にBGMが流れている普通の環境とは全然違う、深ーいリラックスに入ることができます。

至福のマッサージを受けたあと、ウブドへ移動。迎えに来てくれたプトラは友達メグミのだんな様。2人の子供たちも見違えるほど大きくなって、3年半の時の流れを改めて実感。お姉ちゃんのなっちゃんは7歳、妹のあゆちゃんも4歳。そうだ、私、4年前にあゆちゃんの生後3ヶ月の儀式にも出席したんだった。しみじみ。

懐かしいウブドでは大好きなスナルタの家族が待っててくれた。ワヤン(お父さん)に荷物を持ってもらって、家に入るとアユ(お母さん)が。感動の再会を喜び合い、部屋に入ってほっと一息。よかった、何も変わってない。変わったのは3人の子供たちの成長ぶり。長女のプトゥは20歳、次女ティカが17歳、そして末っ子のあのやんちゃなコマンももう13歳になってた。またしみじみ。

e0066369_2345129.jpg
晩御飯は私の大好きなバタン・ワルにて、大好きなアヤム・リチャリチャとビンタンビールを。ああ、おいしい。ようやくバリに来た実感がわいてきた。

e0066369_23452299.jpg
そして少し歩いて同じデヴィ・シタ通りにあるトゥトゥマックでケーキとお茶を。ああ、楽しい。ウブドの夜。

この日もうひとつうれしかったこと。バタン・ワルに行く途中にちらっと覗いたKOU(石鹸屋さん)の店員さん、クトゥも健在だった。7年前にKOUがオープンして以来だから、すっかりベテラン店員さん。私と知り合ったときの彼氏と結婚し、出産を経て、笑顔でバリバリ石鹸を売ってた(笑)。私の顔をみたら目が丸くなって「あー!また来たー!!」って日本語での第一声。うれしいなぁ。またバリに来てよかった、本当に。
[PR]
by cita_cita | 2011-05-13 23:46 |
<< ただいま、バリ。 その2 オーガニック三昧 >>