たけのこのこのこ

京都の西山にある善峯寺のほうに、旬のたけのこを買いに行ってきました。

このあたりは、乙訓、大枝、長岡京など、たけのこの名産地が集まっています。ここで取れるたけのこは白くて、柔らかくて、アクが少ない希少品。料亭などでもよく出されています。

今年は気候の影響もあって、たけのこが不作だそうで、2週間前に行ったときはまだ小さいものしかなくて、数もほとんど出ていなかったのであきらめて家に帰ってきました。今回は、金・土と雨が降ったこともあって、だいぶたくさんあって一安心。「雨後のタケノコ」っていうのは本当なんですね。

e0066369_1154536.jpg
この中から、知り合いに贈る分と、家で食べる分を見つくろって買ってきました。

e0066369_11571443.jpg
途中、昼ごはんに山菜うどんを食べました。パックされた保存用ではなく、山でとりたての山菜と柔らかいたけのこの時雨煮がたっぷりのっています。おいしかった。

夕飯は、実家でたけのこステーキ(バジル+塩+オリーブオイルで焼いたイタリアン風と、しょうゆ+お酒で焼いた和風)をたらふく食べました。今日の晩はたけのこご飯とお吸い物の予定。楽しみ!

ちなみにタイトルは、私が小学校2年生のときの学芸会の出し物「伸びろたけのこ」の中にあったセリフです(笑)
[PR]
by cita_cita | 2011-04-25 22:06 | 京都
<< 復興の狼煙プロジェクト 仙台の桜 >>