「被災者の役に立ちたいと考えている優しい若者たちへ」

ツイッターにて、こんなタイトルの記事を読みました。今の自分の焦る気持ちにしっかりとストップをかけてくれ、今自分が何をすべきか再認識させてくれる内容でした。自分の後ろめたい気持ちを処理するためだけに見切り発車するのは自己満足以外の何ものでもないということがよく分かります。

「何かして欲しい人」がいて「何かしてあげたい人」がいても、事態は何も前進しないということ、人が動くためには、「人を動かす人」が必ず必要になるということ、自分の肝に銘じておきたい。やみくもに動き出すのではなく、自分がプロとして一番力を発揮できる方法で援助をしたいと思います。

被災者の役に立ちたいと考えている優しい若者たちへ ―僕の浅はかな経験談―」
[PR]
by cita_cita | 2011-03-15 23:40 | その他
<< それでもなにかできることを。 この週末のこと >>