焼肉「文屋」@七条新千本

e0066369_1101057.jpg
たまに車で前を通るたびに気になっていた焼肉屋さんに行きました。七条の中央卸売市場近くの「文屋」さんです。ここは国産黒毛和牛のいいところ(なんとA4~A5ランク)をお手ごろ価格で食べられるのがウリ。京都駅からも離れていて、地元民にとってもかなり行きにくい場所にあるのに、ひっきりなしに予約のお客さんが入っていました。

e0066369_1172088.jpg
まずは生レバーを注文。これは…うまい。生レバーって、私は食べられるのと、苦手なのがすごくはっきりしてるのですが、ここのは間違いなく新鮮でおいしい!お皿も冷やして提供するという心遣い。鮮度は見れば分かりますよね。

e0066369_1115780.jpg
タン塩も頼みました。が、あまりにもおいしかったので、写真を撮り忘れ、気が付くとお皿の上にはあと1枚だけ…。見てください、この厚み。よくある食べ放題のペラペラの牛タンの2~3枚分はあるでしょうか。これだけの厚みがあるのに、柔らかく、それでいて噛みごたえも十分。薄いのを10枚食べるより、こっちを3枚食べるほうが全然いい!というのが私の感想。

e0066369_1120179.jpg
お肉は中落カルビと、お得な切り落とし盛り合わせっていうのを注文。こっちは盛り合わせのほう。日替わりで色んな部位の切り落としが混ざって盛り付けてあります。こんなにすごい霜降りの見るからにおいしそうなお肉がこの量で1000円以下って一体…。味はご想像にお任せしますが、おいしくないはずがないやん。

e0066369_11214563.jpg
サイドメニューで蒸し豚を。これまたたまりません。全然脂くささがない。甘辛いタレか、塩でいただきます。添えてあるキムチを巻いて食べてももちろんGOOD。

e0066369_11233382.jpg
仕上げに頼んだおにぎり。でっかいおにぎりにチャンジャが乗せてあり、その上にゴマの葉、そして大きな韓国のりで包んでほおばります。塩とごま油の風味がいいです。

このほかに、チョレギサラダやキムチ、ナムル、チャンジャ巻きにテンジャンチゲも頼んで、おまけに海鮮チヂミ(これまたウマい!)も出してもらい、3人で飲んで食べて合計11,900円。CP高すぎでしょ、これは。

絶対また行きます。
[PR]
by cita_cita | 2011-03-09 23:12 | おいしいもの
<< この週末のこと 「ゼロの焦点」 >>