レイルマン中井の1日1鉄!

特にこれといって用事のない土曜の朝は、たいてい朝日放送にチャンネルを合わせていて、「おは朝土曜日」→「旅サラダ」→「渡辺篤史の建もの探訪」→「LIFE~夢のカタチ~」をリレーで見ています。

先週の「LIFE」では鉄道写真家の中井精也さんという方が紹介されていました。この人の撮る写真が本当に印象的で、失礼ながら自分が今まで鉄道写真というジャンルに対して持っていた偏見みたいなものをガラッと覆されたような衝撃を受けました。

彼の撮る写真は、ただ電車をクローズアップするだけではなくて、広い風景の一部や、他の被写体を引き立てる存在となって全体に溶け込んだ、今までとは全く違う鉄道写真です。時には電車はどこにも写っていなくて、そこにはただ踏み切りの影だけが遠慮がちにぽつんと見えていたりします。そこにはストーリーがあって、いつまで見ていても飽きることがありません。そして、なぜか、初めて見るのに懐かしさをかきたてられるような不思議な写真がたくさんがあります。

中井さんはコンパクトなキャンピングカーで日本全国を回り、被写体を探し、地元の人と触れ合って写真を撮影しています。ポケット版時刻表の表紙写真など、数多い仕事の依頼をこなす中で、それとはまったく離れて、ただ自分の撮りたい写真を集めてブログを公開されています。ここには中井さんの、電車と、旅と、写真にかける思いがいっぱい詰まっています。ここを訪問するのが、私の毎日の日課に加わりそうです。

レイルマン中井の1日1鉄!
http://railman.cocolog-nifty.com/
[PR]
by cita_cita | 2010-12-02 21:58 | その他
<< ネパール紀行 その5 イチローズ・モルト >>