里門ソルロンタンと仁寺洞のカルクッス

e0066369_1211303.jpg
朝ごはんを食べに、鐘路タワーのすぐ北側にある里門ソルロンタンへ。近代的なビルの後ろにこんな建物が隠れてるの、おもしろいですね。里門ソルロンタンは創業100年以上の超老舗なんです。

e0066369_1212363.jpg
ソルロンタンは牛の肉と骨を18時間コトコト煮込んで作った白濁スープ。もちろんコラーゲンたっぷり。朝の胃にもあっさり優しいです。スープの中にはお肉とそうめんみたいな細麺、それからご飯が隠れています。韓国料理でも、辛いものばかりでなく、こういうのもあるんですよ。

e0066369_12122045.jpg
もともとの味は牛のスープだけで塩気は全くないので、自分で塩コショウ、キムチ、粉唐辛子などをプラスして好みの味に調整します。これ!という味が決まったときはかなりうれしい。

e0066369_12125237.jpg
ローカルムード満点の店内。テレビでは時代劇のドラマをやってました。

お店への行き方。地下鉄鐘閣駅を出てすぐ見える鐘路タワー(目立つので分かります)に沿って回りをぐるりと歩くと裏側に見つかります。

それから、ソウル最後の食事(ランチ)は、地元在住の方にカルクッスの有名店に連れて行ってもらいました。お店の名前を聞くのを忘れたけど、多分仁寺洞にあるケンマウルミルパッチプという店だと思います。

ここはあさりでスープを取ったカルクッス(細うどん)とマンドゥ(韓国風の蒸し餃子)の2つしかメニューにありません。あと、今の時期はコンクッス(豆乳スープの冷たい麺)もあるそうです。

e0066369_1730739.jpg
カルクッスを2人前頼むと、大きなどんぶりに2人分まとめて入ってきます!讃岐のたらいうどん(家族うどん)みたい。量が多くてびっくりでしたが(3人前はあると思う)味はすごくあっさりした貝のスープで、日本人好みだと思います。

e0066369_17304293.jpg
マンドゥもけっこう大ぶりで、具もぎっしり。実は初めて韓国でマンドゥを食べました。これまで、食べようと思っても、つい他のお店にふらふら行ってしまって、優先順位が後回しになっていたのです。

カルクッスもマンドゥも、なんだかほっとする味。旅行中、韓国料理に疲れたときにはぴったりだと思います。

こちらのお店は鐘路から仁寺洞通りを安国駅に向かって歩くとしばらくいった左手にあります。
[PR]
by cita_cita | 2010-09-11 08:15 |
<< 事件だッ!ソウル編 Hidden SPACE ca... >>