ハンイルジャンの野菜ピビンバ

e0066369_14404295.jpg
ホテルの近くにあるハンイルジャンという食堂で食べたかったのが野菜ピビンバ。韓国通の方のブログで見て、ホテルからも歩いてすぐなので絶対行こう!と思ってました。

e0066369_1441250.jpg
晩御飯を食べに行ったので、どうせならお肉も食べようということでサムパブを注文。サムパブは「包みご飯」って意味で、野菜にご飯やおかずを巻いて食べる料理。具はお店によって色々だと思いますが、ここは豚肉のプルコギ風なのかな?

e0066369_14413318.jpg
一緒にたっぷりの野菜がついてくるのでこれで包んで食べます。日本で韓国料理に行くと、大体サンチュとゴマの葉しか出てこないけど、ここでは初めて見る葉っぱがいっぱいありました。

e0066369_14415265.jpg
葉っぱにお肉を乗せて、ご飯ものせてくるくるして食べます。

e0066369_14421794.jpg
そしてこれが!食べたかった野菜ピビンバ(ヤチェピビンパ)。こちらもたっぷりの野菜やきのこの上に甘辛いそぼろみたいなお肉と韓国のりとコチュジャン、半熟の目玉焼きが入った器が出てくるので、この中に別添えの白ごはんを投入してよーーーーく混ぜ混ぜ。韓国は混ぜる(ピビン)文化なので、混ぜ方が足りないとお店の人に混ぜられちゃうかも。

e0066369_14424654.jpg
そしてよく混ざったらスプーンですくっていただきます。これ、ホントにおいしかった。たしか5500ウォンだったかな。(400円ちょっとぐらい?)半熟目玉焼きが全体に混ざり合って、渾然一体となってたまりません。私もYokoちゃんも気に入って滞在中、もう一度お昼に行ってしまったほど。次回も絶対行きたいと思います。

日本で焼肉屋さんに行くとお肉ばっかりで野菜が申し訳程度にしかないから、翌朝は結構な確立で胃もたれしちゃうんだけど(ビールの飲みすぎじゃないよ)、韓国ではむしろ野菜のほうが多いから体にもいいし大好き。それにしても、生野菜のビビンパがあるなんて…韓国料理、どこまでも奥が深いです。
[PR]
by cita_cita | 2010-09-06 22:27 |
<< ドンヤ(豚夜)のコチュジャンサ... 韓国コスメ三昧 >>