コッジのカンジャンケジャン

今年3月に発売されたCREAの韓国特集号に掲載されていて、その写真にノックアウトされ、絶対に行ってみたいと思っていたお店。

韓国人はヤンニョムケジャン派(唐辛子味のタレにつけたもの)が多いみたいですが、私を含め日本人好みなのは断然カンジャンケジャン。生のワタリガニをしょうゆで漬け込んであるから日本人の口に合わないはずがありません。これまでは新沙洞にあるプロカンジャンケジャンにしか行ったことがなかったのですが、コッジではケジャンが定食で手軽に食べられるのと、しょうゆではなく、2年間漬け込んだ牡蠣の塩辛エキスを使っているとのこと。プロカンジャンケジャンはおいしいのだけど、ちょっと高いのと(さすがに韓国でもカニは高級品)ちょっと塩がきつくてしょっぱく感じたので、今回は期待満々です。

e0066369_11555220.jpg
これがコッジのカンジャンケジャン。カニは1人1パイなので、これは2人分です。甲羅と身に分けた後、身の部分を食べやすく4つに割ってあります。

e0066369_11561382.jpg
今回はカンジャンケジャン定食(22000ウォン)を頼みました。今のレートだと1600円ぐらい?これでも韓国で食べた中での一番高いご飯です。

e0066369_11563527.jpg
カニの身たっぷり、卵もみそもたっぷり。

e0066369_11565798.jpg
これを指でムギュッとつぶすとやわらかい殻から身が飛び出してくるので、そこをすかさずチューッと吸いながら食べます。この食べ方、先日放送されていた「旅サラダ」で中村玉緒さんが行ったケジャンの店(イルミカンジャンケジャン)でお店の人に教えてもらってやってたんですが、すごく簡単で上手に食べられます!おすすめ!

e0066369_11572099.jpg
そして最後はやっぱりケジャンごはん。みその残った甲羅にご飯と韓国のりをいれて、スプーンでまぜまぜ。はぁー満足。

コッジの場所は、江南の三成にあるCOEXモールの近く。COEX北側、泰恩寺との間の道を東(蚕室総合運動場の方向)に行き、COEX前という大きな公差点を渡ってまもなく右にあります。
[PR]
by cita_cita | 2010-09-03 23:27 |
<< 韓国コスメ三昧 チンハルメウォンジョタッカンマリ >>