北の国からの手紙

少し前、小樽で旅行中にお邪魔した居酒屋さんに送った手紙の返事がきたと紹介しましたが、先週、洞爺湖でお世話になったお宿からも私の手紙への返事が届きました。

北海道の人はなんて義理堅いんだーって感心しながら手紙を広げてびっくり。個人的な内容なので詳しくは紹介できませんが、この1年間の間に事情があって宿の業務に集中できず、一時はお宿をたたんでしまおうと思ったこともあったけれど、なんとか再開することができ、私の手紙を読んで本当に再開してよかったと励まされたというものでした。また、体の不自由な人やお年寄りに喜んでもらえるようにと始めた宿だったが、逆にそういう人たちに自分が励まされているとも。

そんなこと思いもせずに、素直に自分の感謝の気持ちと宿の感想を書いて送っただけの手紙だったのに、そんな風に感じてもらえたことが本当にうれしくて、思わず母に手紙を見せに行ったら、母も入れ違いにお宿に手紙を送った直後だったらしく、2人してまたあの宿に行きたいねぇと盛り上がりました。次に北海道にいけるのはあと1年後かな。長いなぁ…。
[PR]
by cita_cita | 2010-08-09 20:53 | その他
<< 藍染めのハンカチ作りました! 「役にたたない日々」 佐野洋子 >>