おめでとう、スペイン。

e0066369_16342554.jpg
ついに優勝国が決定しましたね。今朝は目覚ましで起きてずっと観戦していましたが、延長戦に突入したため試合終了は6時過ぎ。そのまま会社に行ったら、周りは眠そうな人でいっぱいでした(笑)

試合の流れを見ていたら、オランダが勝つんじゃないかと思いましたが、後半のロッベンのシュートをカシージャスがセーブしたのは見事でした。そして決勝ゴールを決めたイニエスタがウェアを脱いだ場面ですが、そのことについてYahooニュースにこんないい話が載っていました。もう知ってる人も多いかと思いますが、そのまま紹介します。


亡き友に捧げた決勝ゴールとイエローカード イニエスタ
e0066369_12161036.jpg
 互いに何度もゴールを襲い合う死闘だった。延長後半11分、セスクのパスを受けたイニエスタは右足を振り向いた。シュートは遠かったオランダのゴールに突き刺さり、イニエスタはそのままスタンドに駆け出しながらジャージーを脱いだ。規定から、イエローカードは覚悟のうえだった。アンダーシャツには「ダニ・ハルケ いつも僕らと一緒だ (DANI JARQUE SIEMPRE CON NOSOTROS)」と書かれていた。警告を受けても、どうしてもこれを見せたかったのだ。彼に。

 ダニエル・ハルケはバルセロナ出身。エスパニョールの主将や、21歳以下のスペイン代表としても活躍した。だが、昨年8月、遠征先のイタリア・フィレンツェのホテルで急死した。急性の心臓疾患、26歳の若さだった。同じバルセロナを本拠地にするエスパニョールの中心選手として、イニエスタやシャビ、プジョルには、おなじみの仲間だった。

 決勝ゴールとなる延長後半の得点を決めると、イニエスタは躊躇なくジャージを脱いだ。主審は当然のように、笛を吹き、イエローカードをかざした。イニエスタには覚悟の警告だったのだろう。カードが飛び交った激しい決勝戦で、イニエスタは1枚も警告を受けていなかった。これが2枚目で退場となったなら、イニエスタもジャージーを脱ぐことはなかったろう。

 いや、激しいゲームの中で、このアンダーシャツをみせるために、彼はファールを自重していたのかもしれない。それぐらい、冷静なプレーと、熱いハートを平気で共存させることができる選手だ。

 シャビとともに、所属のバルセロナでもスペイン代表でもパスサッカーの中核をなし、時にドリブルで、時に意表をついたミドルシュートで常に相手を脅かしてきた存在。スペインが熱望していたW杯を手にするとともに、友へのメッセージも送ることができた。イニエスタには、思い通りの決勝を戦って「マン・オブ・ザ・マッチ」に輝いたことになる。

[PR]
by cita_cita | 2010-07-12 22:55 | その他
<< コロンビアxハレイワのレインブーツ りんくう買い出しDAY >>