モンゴルは遥か遠く。

e0066369_236495.jpg
6月から、友達がモンゴルで青年海外協力隊の任に着いてがんばっています。彼女と知り合ったのは、今からもう4~5年も前、円町にあるイル・ピアットという小さな小さなトラットリアでひとりランチを食べていたとき、偶然隣に座った、ただそれだけがきっかけでした。向こうも一人でランチを食べていて、なんとなく話をするうちに、お互いが旅好きであること、彼女が琉球大学の出身でそのころ沖縄によく行っていた私とも趣味が似通っていたこと、国際交流に興味があったこと、そしてなんと互いにウルフルズのファンであることが分かり意気投合。歳は離れていたのにそんなことも気にならないぐらい盛り上がり、その場でメルアドを交換し、それからメル友となり、今に至ります。

その彼女から先月久しぶりにメールが。内容は「訓練が無事に終わり、3日後に、協力隊の一員としてモンゴルの地に向かいます」というものでした。しばらく連絡をとらない間に、そんな大きな変化があったとは…びっくりして、彼女の出発直前にお祝いといってらっしゃいのメールを送りました。

私も、青年海外協力隊への応募をずっと考えていて、過去3回、大学在学中と、20代半ばで進路に迷ったとき、そして30歳目前で自分の仕事に疑問を感じて本当にやりたいことは何なのか模索していた頃、過去3回、説明会に参加しました。もろもろの事情があり結局実現できないまま、今に至ります。幸い今は自分の仕事に誇りをもって、ここでやれるだけやっていこうと思えるようになったので、協力隊への参加はシニアの参加資格ができるまで見送ろうと思っていますが(笑)

そんな私にとって、大切な友達の一人が、これまであきらめずに追いかけてきた自分の夢を実現すべく遥かモンゴルの地に腰を据え、何かを成し遂げようとしていることを知り、本当にまぶしく、うらやましく、そしてそんな友達を持ったことを誇らしく感じます。そして彼女に負けないように、私も今、この場所で自分ができることを精一杯やって、彼女が帰ってきたときに胸を張って出迎えられるようになりたいと思います。

カオルちゃん、モンゴル便りを楽しみにしているので、忙しいと思うけれどブログの更新もよろしくね。そして、体に気をつけて、次回さらに大きくなった姿を見せてください。

甘藍ライン(カオルちゃんのブログです) http://kanlan-cap.blogspot.com/
[PR]
by cita_cita | 2010-07-05 22:46 | その他
<< ヨーガ療法学会総会@金沢 ひまわり >>