18きっぷの旅@広島

3月に入って18きっぷが使えるようになったので、広島までのんびり電車の旅をしてきました。1日目は京都~播州赤穂~岡山~尾道~広島、2日目は広島~宮島~広島~三原~岡山~姫路~京都と在来線を乗り継いで…。ほとんど電車に乗りっぱなしになるかなと思ったけど、意外にも1泊2日でもそれなりに途中下車や観光を楽しめました。まあ、さすがに電車に乗るのが好きじゃないとキツイかもしれませんが、私は結構乗り物好きなほうなので…。

e0066369_16234695.jpg
1日目、まずは岡山駅で途中下車。早めのお昼はご当地メニューの「デミかつ丼」。やまとっていうお店に行きました。

e0066369_16553541.jpg
ごはんの上に揚げたてのカツ、その上に酸味のきいたデミグラスソースとグリーンピースがトッピング。結構なボリュームです。(サイズは選べます)

e0066369_16555621.jpg
中華そば。岡山では中華そばのお店でデミかつ丼を出してるケースが多いみたい。魚介ベースの濃厚なスープでした。

e0066369_1656244.jpg
岡山の路面電車、最新の車両に混じって、すごーくレトロな車両も発見。よく観光地にあるレトロ風ではなく、本当に古いのです。50年以上になるらしい。加速するときの音も、がんばってる!って感じ。でも、現役でしっかり動いているのを見て、大切に使われているんだなぁと関心しました。しかも、なんと!ICOCAとPiTaPaも使えるのです。

e0066369_16241992.jpg
再びJRに乗り、次は尾道で途中下車。尾道は坂の町、ロープウェーに乗って千光寺山に登ると、周辺の島も含めた景色が一望できます。

e0066369_16244684.jpg
ここではやっぱりラーメン!ということで、ネットでも評判のよかったみやちというお店に行きました。


e0066369_16251258.jpg
e0066369_1625294.jpg
看板メニューのてんぷら中華と、常連さんらしき人が頼んでいたカレー中華を注文(うどんもあるんです)。思っていたよりあっさりシンプルなスープで食べやすい。後で調べて見たら尾道ラーメンっていうのは意外に歴史は浅くて(20年ぐらい?)、それまではこれが尾道ラーメン!っていうのは存在しなかったのだそう。尾道ラーメンといえば、魚介ベースのがっつり醤油味に背油…だけど、みやちの中華そばはきれいに澄んださっぱりスープだったのはそういうわけなのでした。でも、やはりここは不動の人気店らしく、小さな店内(10席ぐらいしかなかった)はお昼時をはずしても常に満席状態でした。そして、観光客だけでなく、地元の人も普通に食べに来ているという感じ。

e0066369_1626346.jpg
尾道の商店街、なつかしい昭和!な感じなのだけど、決して寂れた感じはなくて、落ち着いた雰囲気ですごく気に入りました。ここは元銭湯だったところを改装したカフェ。

e0066369_16265727.jpg
尾道からまたJRで広島に入り、ようやく晩御飯。新天地にある海鮮料理のお店に行きました。で、写真をいっぱい撮るつもりが日本酒が進み、後で見たらこの1枚しか撮ってなかった…(笑)。いろいろ飲んだ日本酒の中で気に入ったのは亀齢(キレイ)というお酒。初めて名前を聞いたお酒だったけど辛口で、後口も良くてすごくおいしかったです。今度居酒屋で見つけたら多分頼むだろうな。

おなかは結構ふくれたのですが、やっぱり広島にきたら外せないのは…そう、お好み焼き。会社の友達に教えてもらった八昌の本店に向かうと、行列店と聞いていたのにラッキーにも待ち時間なしで入れてもらえました。

e0066369_16271959.jpg
コの字型のカウンターの中に店員さんがそれぞれ分業してどんどんお好み焼きが焼かれていきます。ここの卵、割るとすべて黄身が2個あってびっくりしたんですが、写真撮るの忘れてしまいました。

e0066369_1627448.jpg
半分に切ってもらったお好み焼きのアップ。写真でもおいしさが伝わりますか?2月に出張で広島に行ったとき食べたみっちゃんのお好み焼きもおいしかったけど、こっちも最高においしい。関西でこんなの出す店があったら、きっと関西人にとっての広島風お好み焼き(広島焼きっていうと怒られちゃうんですよね)の概念が覆されると思う。どっちがおいしいとかまずいとか、そういう問題ではなくて、これは全く別のジャンルでそれぞれが抜群においしい名物だと思う。

あと、特筆すべきはこのお店でサイドメニューに頼んだ牛バラ鉄板焼き。予想以上に肉が柔らかくおいしくて、塩コショウにつけて食べると最高でした。

なんか食べ物ばかりになってますが…1日目はこれで終了。

e0066369_16281246.jpg
2日目、ちょっと寝坊して原爆ドームへ。そこでフリーガイドらしき人の話(というか演説に近い?)を聞いてたらどんどん時間が押してきて、広大な平和記念公園はほとんど駆け足で巡るだけに(笑)。人生初めての原爆ドームだったのですが…でも、ドーム自体はじっくりと近くから見れたし、いろんな話も聞けてよかったです。

e0066369_16284679.jpg
さらに電車で宮島へ。本州側にある宮島口の駅からフェリー(これも18きっぷでOK)で宮島に渡ります。船からも鳥居を見ることができます。鳥居の向こうにあるのが厳島神社。

e0066369_1629571.jpg
そしてお昼ゴハンはまたもやお好み焼き。ももちゃんというお店でした。ここのは…うーん、結構普通だったかな。観光地なので、あまり贅沢はいえないですね。広島風のお好み焼きは、多分大阪風と比べて焼く人によって技術の差も出やすいと思うし、店によって差も大きいのかもしれませんね。でも彦摩呂が来たときの写真とか貼ってありました。

e0066369_16292551.jpg
こちらが厳島神社の参拝入口。立派ですね。朱色が映えます。

e0066369_16295994.jpg
本当に海の上に建ってるんですね。私が行ったときはほぼ満潮に近い時刻でした。で、どうやら満潮は過ぎたらしく、潮が少しずつ引いていってるのが肉眼で見ていても分かるんです。干潮の時には、大鳥居まで歩いていけるほど引くわけで。毎日毎日これが2回繰り返されているなんて、考えてみるとすごいですね。

e0066369_16301739.jpg
ここにも居ました、鹿が。食べ物を食べてると寄ってくるのですが、奈良の鹿よりもちょっと大人しくて遠慮がち。

e0066369_1630559.jpg
そして旅の最後は宮島名物あなごめし。帰りの時間のリミットがあったので、お弁当で購入して電車で食べながら帰りました。宮島を出たのが3時すぎ、京都に帰ったのは11時すぎ。あわただしいけど楽しい2日間の旅でした。電車で移動していくうちに、だんだん周りの人の言葉が少しずつ大阪弁→神戸弁→岡山弁→広島弁と移り変わっていくのがわかって面白かった。岡山は千鳥か次長課長、広島はアンガールズの喋りを思い出しました。

それにしても、やっぱり食べ物ばかりのレポートになっちゃったなぁ。
[PR]
by cita_cita | 2010-03-24 23:32 |
<< 雪! 大阪のおばちゃん…ダウン。 >>