「アバター」

e0066369_0383087.jpg
友達のススメもあり、見てきました「アバター」。

これは映画館で見ないとダメでしょう。3D技術がすごい。半端じゃない。

3Dって聞いても、なんとなく今までに見てきた「飛び出す映画!」みたいな3D映像のイメージがあったのだけど、全然違う。

あまりの映像のキレイさに、アバターを見た後、現実世界に戻ることでうつ状態になっちゃう人がいるらしいとかって、ネットで話題になってたけど(真相は不明)、その気分、分からないでもない。なんかね、あまりにも映画の中に出てくる森の映像美がすばらしすぎて、いつまでも見ていたくなるんですよ。それが行き過ぎると、この世界の中にいつまでも居たい!外に出たくない!って思うのかも。

特に、森の中でも神聖な木(?)みたいなのが出てくる場面があるのだけど、それを下から見上げる場面ではわけも分からずぞくぞくして鳥肌が立ってしまった…。(見た人なら分かってくれるかな…)

ストーリーはかなり大人向きというか、考えさせられる部分もたくさんあって、単なる娯楽映画とは違うなぁと思いました。予告編見てたときはそこまでは全然思ってなかったから(むしろ「なんなんだこのヘンテコな宇宙人は」と思ってた)、やっぱり見に行ってよかった。

私はTOHOシネマに見に行ったのですが、3Dの上映方式にも映画館によって4種類あるらしいので、それぞれ特徴があって違うみたい。近くにIMAXがあれば一番いいんだけど…それと、吹き替えと字幕が有る場合は、映像だけに集中してみるためにもぜひ吹き替えをお勧めします。
[PR]
by cita_cita | 2010-01-17 00:38 | 映画
<< 震災の記憶と「神戸新聞の7日間」 どうする?JALマイレージ >>