「くりぃむナントカ Vol.1」

e0066369_1657328.jpg
友達が買ったというのでDVDをかしてもらいました。くりぃむしちゅーはボキャブラに出てた海砂利水魚時代から好きなコンビで、今はシルシルミシルを毎週見てますが、この2人は漫才とかコント以上に司会をやらせるとピカイチ面白いと思う。しかも片方だけでなく、2人とも面白いってすごい。滑舌もいいし。上田と有田、どっちが面白いかなんて決められないし、有田の無茶で絶妙なボケと上田の的確な突っ込みが揃ったら無敵だし。

DVDは全部で3巻出てるんだけど、この1巻目に入ってるのは…
「第5回芸能界ビンカン選手権」(2005.10.10放送)
「第1回俺の方がファンだグランプリ 長渕剛編」(2004.10.19・26放送)
「日本一早い流行語大賞2009」(2009.1.3放送)
☆特典映像⇒大木優紀アナ人気上昇ドッキリ(2006.3.20放送)

アメトークのDVDでさえ、3つのネタ全部が面白いわけではない場合もあるんだけど、この1巻はどれもハズレなしで面白かった!ビンカン選手権には上田のお兄さんが出てくるんだけど、これまた上田にそっくりで妙に安定感があるため、「弟より華がある」と言われてる始末。(こういうとき有田のいじり方がウマい)

長渕剛のファン選手権は上田、ワッキー、ラグビーの大八木の3人(それぞれ自他共に認めるファン歴20年以上の長渕フリーク)が長渕のものまねタレント英二さんによる長渕の歌(めっちゃ似てる)を何曲聞き続けられるかっていう企画。ものまねなのに、ライブなみに盛り上がりまくる3人、そしてついに感極まって涙を流すワッキー。英二さんはなんと100曲以上(途中1回休憩あり)も長渕の歌をギター1本で歌い続け、「誰よりも長渕を好きなのは英二さんだ」と言われていたけど、その通りだと思う。

日本一早い流行語大賞は、タイトルだけ見たらイマイチピンとこなかったのだけど、これも面白かった。芸人が今年流行らせたいと思うフレーズを持ち寄り、第1部でそれを使った漫才ネタを披露、そして第2部では全員でのひな壇トークの会話の中でそのフレーズを巧みに散りばめて自己アピール。出演はアンタッチャブル、おぎやはぎ、ますだおかだ、ハリセンボン、麒麟、アンガールズ、TKO、次長課長の豪華メンバー。ここではますだおかだ(というより岡田個人)のすべりっぷりと次長課長の安定感(=若干古い香り)が見ものでした。しかもここで出てきたフレーズは、2009年11月現在、結局どれも流行ってないってのが一番笑える。

特典映像のドッキリも面白かった(ちょっとかわいそうやったけど)。Vol.2と3も見てみたいなぁ。
[PR]
by cita_cita | 2009-11-23 22:02 | お笑い
<< 11月23日の京都は、晴れ。 Jリーグ観戦@西京極 >>