プーケット&バンコクの旅 その5

最終日は土曜日だったので、週末だけやっているチャトチャックマーケット(ウィークエンドマーケット)へ遊びに行きました。

e0066369_23202148.jpg
到着後、まずは腹ごしらえ。市場内の屋台でセンミー(お米でできた細い麺)を注文。これはトムヤム味のスープですが、他にもアヒルのスープ、鳥スープなどスープの種類や麺の種類(お米の麺で太さが違うものや小麦粉の麺もあります)、トッピング(すり身団子やつみれ、ひき肉、各種薬味)など色々指定できます。これにテーブルの上の調味料4点セット(唐辛子、砂糖、ナンプラー、酢)で味付けしていただきます。

e0066369_15192100.jpg
チャトチャックマーケットはタイだけでなく、多分世界でも最大規模のウィークエンドマーケット。地下鉄2駅の間にある大きな敷地に1万以上の店舗が軒を連ねていて、1日に20万人以上が来るそうです。場内マップもこの通り。この色分けされた区切りひとつひとつの中に数え切れないほどの店が詰まっています。ちなみに色によって扱う商品のジャンルが異なり、家具、雑貨・インテリア、古着、工芸品、洋服、本、日用品などから園芸、ペットにいたるまであらゆる商品が揃います。

e0066369_23203446.jpg
午前中は人が少なめで、比較的ゆったり買い物できるのですが…

e0066369_15192766.jpg
お昼近くなるとこの通り。

e0066369_23205853.jpg
ふと通りかかったお店が繁盛してたので、ここでランチを済ませて帰ることに。

e0066369_23204843.jpg
ポークステーキの定食。ソーセージつきのは80バーツぐらい、ライス付きのほうは110バーツだったかな?(記憶があいまいですが)

一旦ホテルに戻り、チェックアウトを済ませてからBTSに乗ってサパーン・タクシンの駅で下車。ここから船に乗って王宮エリアに向かいます。

チャオプラヤー川を通る船は、観光船や業務用の運搬船など色々ありますが、エキスプレスボートはバスや電車感覚で気軽に利用されています。区間によりますが10~15バーツぐらいだったかな。通勤ラッシュ時は5分おき、休日や昼間は10分おきぐらいに次々に船が出ます。行き先と普通・特急などによって旗の色が違うのでこれを確認して乗ります。タクシーと違って渋滞知らずなのでストレスなしで移動できて、しかも観光気分も味わえて楽しいです。

e0066369_2321972.jpg
船にもお坊さんが乗っていました。タイでは僧侶が女性に触れるのはタブーなので、そばを通過するときは要注意です。女性に触れると、それまでに積み重ねてきた修行が無になってしまうらしいのですが…。なので、タイの女性はお坊さんを見ると道を譲ったり、かばんやスカートなどを押さえて触らないように気をつけるそうです。

e0066369_23211837.jpg
船の車掌さん。体育の先生が吹くような笛を上手につかって、運転手や停船場の係員に色々合図をして、安全に船を岸につける手伝いをします。停船場が近づくと、ひょいと向こうに飛び移り、ロープを岸に結んで上手に船を寄せ、出入り口を空けてお客さんを誘導します。これがもうすごく鮮やかな職人技で、見ていてホレボレ。もし、このボートに乗る方がおられたら、ぜひ車掌さんの動きに注目してくださいね。他に、切符切りのおばさんも居るのですが、これまた鮮やか。ひっきりなしに乗り降りするお客さんの中から、どの人が新しい客で、どの人からお金を集めたかちゃんと見分けて集金して回ります。

e0066369_23213113.jpg
ター・ティエンの停船場で下船して、ワット・ポーまで歩いて5分ほど。ワット・ポーは大きな涅槃仏(横になったお釈迦様)があること、それとタイマッサージの総本山として有名なお寺です。バンコクを観光してここに来ない人はいないのではないかな。ちなみに3年前にバンコクに滞在したとき、このワットポーのマッサージスクールに通って資格を取りました。私はこのお寺が好きなこともあって何度か行ってますが、毎回、仏様の大きさとものすごい金ピカ具合に感心します。

e0066369_23214897.jpg
仏様の顔。大きすぎて、柱と柱の間から覗き込むように撮影。ちなみに横になった全長は46m、高さが15メートルあるそうです。

e0066369_2321592.jpg
足の裏には螺鈿細工(真珠貝の内側を使った細工)で仏教にまつわる色々な図柄が描かれています。

e0066369_23222053.jpg
仏像の背中のほうに回ると、小さな鉢の中にコインがいっぱい入ったものが並べてあります。ここで20B払うと1つ鉢をもらうことができるのですが、この中には人間の煩悩の数といわれる108個のコインが入っていて、壁際に並べてある鉢の中に1枚ずつチャリンチャリンと入れていきます。願い事を唱えながら入れるらしいのですが、本来は煩悩を消すという意味があるのかな。私は途中で1つの鉢に2回入れたり、逆に飛ばしたりしてしまったらしく、最後コインが足りなくなって無理やり帳尻あわせしてしまいました。あーあ。

e0066369_23223664.jpg
ワットポーの外で、赤と緑の唐辛子を山盛り積んだトゥクトゥクに遭遇。写真を撮ると笑って手を振ってくれました。

すでに渋滞の始まったところをタクシーでBTSナショナルスタジアム駅まで。本当はもっと向こうのトンロー駅を指定したのだけど、この時間にそこまで行くといつ到着するか分からないということで、ここからBTSに乗りました。でも、駅前のマーブンクローンセンター(MBK)っていうショッピングセンターにも寄れたし、買い物もできたので結果オーライ。

e0066369_1519594.jpg
トンロー駅で下車して駅からすぐのカノクエートマッサージへ。バンコクに行くと必ず行くお店です。トンロー店と隣駅のエカマイ店があります。エカマイ店は1回しか行ったことがありませんが、どちらもスタッフの行き来はあるので、指名したいマッサージ師さんがいれば、電話してバイクで連れてきてくれます。

e0066369_23225371.jpg
2時間の全身マッサージを受けた後、ホテルのあるアソークの駅へ。ホテル横の食堂(すごく繁盛してた)で最後の食事を取ることに。

e0066369_2323246.jpg
ここは中華系のメニューが多く、店先にぶら下がっていたローストダックを迷わず注文。これが大正解。

e0066369_23231716.jpg
トムヤムクン、チャーハン、牛肉のバジル炒めなどを次々注文してお腹いっぱいに。

そして、ホテルで荷物をピックアップしてタクシーで空港へ。23時出発の予定が、機材の都合で結局2:30発になるハプニングはありましたが…

e0066369_23233143.jpg
なんとか無事、日本に帰ってまいりました。窓から見える朝焼けが目に染みた…。

5回目のタイだったけれど、初めてのこともたくさんあって楽しかったなぁ…また次の旅までせっせと働いて貯金します(笑)
[PR]
by cita_cita | 2009-11-09 21:48 |
<< プーケット&バンコクの旅 おまけ編 プーケット&バンコクの旅 その4 >>