「プール」

e0066369_15383934.jpg
かもめ食堂も、めがねもそうだったけれど、この映画の中はめちゃくちゃゆっくりと時間が流れています。そして見ているとすぅーっと力が抜けて行く。力が抜けすぎて気付くとしばし目をつむっていたりして(笑)。

いえ、決してつまらないとかじゃなく、ただのんびりしてて、つい自分もその時間の中に入っているとぽわーんとなってくるんですよね。(見た人は分かるかな)

フードコーディネーターの飯島奈美さんが担当したお料理のシーンはどれもこれもおいしそうで、映画を見ている最中から「これが終わったら帰って何を作ろうか。」と思ってしまいます。

それから、劇中で小林聡美さんが弾き語りしていた「タイヨウ」という曲がとても印象的で、今もメロディーがずーっと耳に残っています。

だんだん長くなっていく 壁にのびる影
だんだん薄くなっていく 僕たちの影
 
窓の外 なんて美しい色
なんだか足の先の方からなくなっていくみたいだ
  
だんだん細くなっていく 僕たちの火
だんだん遅くなっていく 僕たちの時間
 
何だろう この美しい音
なんだか頭の上の方から聞こえてくるみたいだ


 
ああ、チェンマイ…行きタイ。
[PR]
by cita_cita | 2009-09-26 06:57 | 映画
<< おかえり王将 トータス松本 FIRST TO... >>