つけ麺2連発「大勝軒」&「こぶ志」

つけ麺ブームといわれて久しいけれど、実は中華のつけ麺をまだ体験したことがなかった私。

最近2つ、立て続けに食べる機会がありました。

e0066369_101766.jpg
1軒目は西宮の大勝軒。東京にあるつけ麺の老舗店の支店なのだそうです。甘酸っぱくて、ちょっとピリ辛なスープに太いもっちりした麺をつけて頂きます。酸味のあるスープは好き嫌いがあるかもしれないけど、酸っぱいもの好きの私はこの方が最後まで飽きずにさっぱり食べられるのでおいしかったです!

分離しやすいスープなので、底までよーくかき混ぜて食べてくださいといわれました。スープに卵を入れるとピリ辛感は控えめになりますが、卵のコクが出てまったりしてこれもおいしかったです。

そして2軒目。前にもご紹介した、私の家の近所のラーメン店、こぶ志の8月限定メニューです。題して「ツケドロ十壱号 牛蒡る」。なんじゃそれ。えーと、こぶ志のスープは塩系と醤油系があって、さらっとしたタイプとこってりしたタイプなどいろいろバージョンがあるみたいなのですが、ドロはそのこってり系のなのですね。そのドロスープのつけ麺で、スープにごぼうも加えてるって感じかな。

実はこぶ志の限定メニューにはすごい裏話があって、店主コメントによれば「販売中の1ヵ月の間に数回のバージョンUPを行います。毎日調理することで、味の微調整や調理効率の向上などで全体のバランスが良くなると考えます。月初めと後半では微妙な違いがあるんです。今回はドロシリーズのつけ麺です。ガッツリお楽しみ下さいませ。」とのこと。これ、いろんな意味ですごくないですか?通年メニューだと、味を一定にすることが大切になると思うのですが、月間限定メニューでここまでやるなんて、ご主人のラーメンに対するプライドと意気込みを感じちゃいます。そして、本当にラーメン作りを楽しんでらっしゃるんだなーとも。

e0066369_0471593.jpg
さて、その限定メニュー、いってみましょう。まず全体はこんな感じ。麺とつけ汁、それに具が別にセットされてきます。私は基本のセットに半熟卵をオプションでプラス。

e0066369_0472869.jpg
麺は少し平べったい感じのもっちり麺。すだちはつけ汁に入れずに直接麺にかけて下さいとのこと。半分はすだち無しで、半分はすだちありでいただきました。微妙に味が変わって最後まで美味しくいただけます。

e0066369_0474947.jpg
つけ汁は魚介(アラも使ってるみたい)ベースととんこつ?の濃厚なMIX。そこに醤油風味かな。かなりどろっとした感じで、これが麺によく絡むのです。ごぼうのペーストは味にコクを出すことや、魚の臭みやクセを消すねらいがあるみたい。そこにかすかに山椒の味なども感じられて、相当複雑な味がからみあってて、これはもはやラーメンのスープという感じではないです。

e0066369_048050.jpg
そしてこの塩釜チャーシューがおいしいんですよね。パサパサしたチャーシューとは対極の、ローストポークみたいなしっとり感と控えめなようでいて噛むたびにじわっと出てくる塩味がたまりません。メンマもおいしいし、青い菜っぱ(水菜と思ったら、もっとクセがあって香草ぽかった)やもやしを少しずつスープにプラスしたり、別々に食べたりして、味の変化を最後まで楽しめます。

そして全部食べ終わったら、最後はスープ割り。つけ汁の残りを温かいラーメンのスープで割ってもらいます。ちょうど、そば湯みたいなかんじですね。

最後の最後まで、あぁ、おいしかった。ごちそうさまでした!
[PR]
by cita_cita | 2009-08-22 23:41 | おいしいもの
<< 立山の梅酒! 諏訪の花火&乗鞍トレッキング >>