淡路・四国のうまいもん弾丸ツアー

夏だ!祇園祭だ!祇園祭といえばハモだー!
実は京都のスーパーで売っているハモは韓国産、九州産などが多いのですが、お店用のちょっと上等なのは淡路産なのです。ということで、2年ぶりに南淡路に旬のハモを食べに行ってきました!しかも帰りは四国経由でさぬきうどんのおまけつき。

今回の面子は4名。直前で仕事のせいで2人欠席になっちゃったので、彼女たちの分もいっぱい食べるぞー!と意気込みながら明石海峡大橋を通過。

洲本で高速を下り、お昼はお気に入りのリゾレッタでイタリアンをと思っていたのですが、改装中でお休みだったので近くのいたりあ亭さんへ。ランチのコースをいただきました。

e0066369_21485258.jpg
海老のトマトソースパスタ。海老みそのコクがあって美味。

e0066369_2149047.jpg
本日の魚のポワレ。この日は鯛でした!淡路島は鳴門海峡と明石海峡という鯛の2大産地を有する場所。おいしくないはずがありません!

途中、淡路島牧場で飲み放題の牛乳を飲み(冷蔵庫にいっぱい冷えてて好きなだけ飲める)牛や豚やポニー、孔雀を眺めてから淡路島の西南端にある鳴門岬へ。大きなうず潮は巻いてなかったけど、相変わらずすごい潮の流れでした。

e0066369_21495441.jpg
宿の近くの魚屋さんにて。立派な鯛がいっぱい!そして安い!

この日お世話になった宿は阿那賀の丸山港にある「うずしお温泉南海荘」さん。今回来られなくなった友達の紹介です。前回来たときも料理がおいしくて感激したそう。

e0066369_21501025.jpg
晩御飯はハモづくしのコースでした。前菜は淡路ビーフのたたきやハモの南蛮漬けなど。

e0066369_21524823.jpg
そして乾杯と同時にどどーんと登場したのがお造り盛り合わせ!!ハモおとし、車海老、そして淡路の赤うに!

e0066369_21525847.jpg
なんと海老がまだピクピク動いているのです~。ごめんなーと謝りつつ、しっかり食べました。そして、淡路のうにのおいしさといったらもう!! 変な甘さがなくて、すっきりした味で、でもうにの風味がふわーっと口の中に広がるんです。みんな一口食べるたび、ウマいウマいと言わずにいられませんでした。

e0066369_21545375.jpg
ハモは肉厚でむっちり。骨切りが上手なのか、こんなに大きな身でも全然骨が気になりません。

e0066369_2153865.jpg
てんぷら盛り合わせ。ハモはてんぷらにすると熱々でフワフワしておいしい。そして淡路といえば、たまねぎ。これまた最高。トマトのてんぷらもおいしかった。もちろんどれも塩でいただきます。

e0066369_21532185.jpg
刺身のお皿がさげられたと思うと、海老の頭が塩焼きに形を変えて出てきた!

e0066369_21533899.jpg
そして満を持してハモ鍋登場。一匹まるごとさばいてあるので、頭も、卵も、肝もすべていただけます。このボリューム、今の時期に京都でこんなに食べたら破産しちゃうよ。

うす味のおいしいだし汁に野菜をたっぷりいれてスタンバイ。数ある野菜の主役はもちろんたまねぎ!!!鍋に入れるとさらに甘い!そしてハモはさっとしゃぶしゃぶして食べます。卵がまためちゃくちゃおいしくて思わず無言。魚の卵ってこんなにおいしかったっけ?そして仕上げはこれまた淡路産のそうめんで。

e0066369_21561687.jpg
あーおなかいっぱい食った…と思ってたら最後にハモの握りずしと味噌汁が出てきました。しかもうにのトッピングつき。もう入らん…と思ったのに食べてみたらやっぱりおいしいから結局食べちゃいました。

e0066369_21563623.jpg
最後の最後に甘~いスイカを頂いて終了。ふと見ると最初に出てた海老の酢の物が忘れられてた。「このエビにとっては放置プレイだったね…」と皮まで剥かれたまま食べられるのを待ち続けていたエビを食べました。ごめんね。

e0066369_2156738.jpg
そして鍋に残ったハモの頭を救出。こ...怖いよう。

食事のおともにビールだけでなく、お酒やワインの種類も豊富でうれしかったです。おいしいオーガニックワインまで用意してあって。ワイン2本頼んだのでかなりいい感じになって部屋でゴロゴロ至福の夜を過ごしました。

e0066369_21564881.jpg
南海荘さんは結構古くから営業されているそうですが、お風呂やお部屋などきれいにリフォームされていて、とても快適に過ごすことができました。そして、3代目のご主人(若さん)のセンスがあちこちに生かされていて、これからもどんどんいい感じに変化を続けていくんだろうなーと楽しみになりました。この写真は翌朝チェックアウトのときに若さんと記念撮影したもの。

さて、2日目は大鳴門橋を渡り、四国に向かいます。ひさしぶりのさぬきうどんです。いつもはうどんメインで行くので、気合入れまくって土曜日からフル回転で何軒も行けるだけ行くのですが、ハモで満たされたお腹にはそれはハード過ぎるというわけで、今回はさくっと食べて帰ることにしようとのんびり出発しました。

そしたらのんびりしすぎて高松に到着したのが11時過ぎ。とりあえず山内うどんと谷川米穀店には行きたかったけど、どちらも行くと売り切れまでに間に合うか分からなかったので、今回谷川は泣く泣くあきらめて、山内と、長田に行くことにしました。

山内は私の大好きな店ベスト5に入るのですが、この日はいつもよりなんだかちょっと硬いような感じがして(コシがあるというより硬かった)いつもの感激が薄かったです。でもだしは相変わらずいりこがきいてておいしかったけど。あまり印象がなかったので写真を撮るのも忘れてしまいました。ごめんなさい。

e0066369_215746.jpg
姉妹店の長田in香の香には行ったことがあるけど、本家の長田(まんのう町)は初めて。斜め向かいの小縣家(しょうゆうどんが有名)と迷ったあげく、釜揚げが食べたかったので長田にしました。広い駐車場も結構車でいっぱいだったけど、なんとか席を確保できて、釜揚げ2つと冷やし2つを注文。食べ比べた結果、4人のうち釜揚げ派と冷やし派が2人ずつに分かれました。やっぱり好みなんですよね。「どっちがおいしい?」と聞かれても、どちらもおいしい。でも私は釜揚げが好きですね。

e0066369_21573027.jpg
これは長田の冷やしうどん。

お茶を飲みつつ休憩してから、最後に行ったのが私のベスト5のひとつ、おか泉。ここの冷天おろしをぜひ、今回さぬきうどん初体験の友達に食べさせたかった!おか泉は坂出北ICから近いので、帰りに行くのに便利だからと思ったら、誰でも考えることは同じらしく、結構な行列ができていました。

e0066369_21575390.jpg
私は結構おなかいっぱいだったのでちびうどん+天ぷらを頼んだのですが、写真は冷天おろし。写真を見てるだけでたまりません…。おか泉の天ぷらは本当においしい。うどん屋さんなのに、ヘタな天ぷら屋より絶対においしい。

e0066369_21581780.jpg
もちろんうどんのおいしさは言うまでもなく…見てくださいこのツルツルぴかぴか光ったうどん。

e0066369_21583153.jpg
昨日はハモ、今日はうどんで満腹になったお腹を抱えて瀬戸大橋を渡り、帰路へつきました。ETC割引バンザイ。また近いうちに行きたいな。
[PR]
by cita_cita | 2009-07-14 22:13 |
<< 夏野菜とアナゴのパスタ 食べまくりソウル旅リターンズ その3 >>