食べまくりソウル旅リターンズ その3

ソウル3日目の朝は、お粥を食べようとホテル近くの人気店、味加本に向かったのですが、ものすごい行列が出来ていて(みんな考えることは同じですね 笑)、もう一軒近くにあった明洞栄養粥専門店に行きました。

e0066369_2115361.jpg
あわび粥は前に粥郷(チュクヒャン)という店で食べたことがあったので、今回は牡蠣ときのこのお粥にしました!あっさりして、牡蠣のうまみもあって、ちょっと疲れ気味の胃には最高ですね。

その後、IKKOさんお勧めというSIZUKAというサロンに行きました。通常のネイルケアのほかに、ジェルネイルなども選べたのですが、最近スカルプチャーとジェルネイルを2回連続でやった結果、本来丈夫なはずの爪が薄く弱くなった感じで不安だったので(缶ジュースを開けるときとか)今回はノーマルネイルのコース(ネイルケアとグラデーションカラー)にアートを2本プラス、そしてペディキュアのコースをお願いしました。トータルで7万ウォンでした。実は到着した日にケアしてもらおうと思っていたのですが、土曜日のせいもあって予約でいっぱいだったので、あらかじめ最終日に予約していたのです。おかげで手と足を2人がかりで1度にケアしてもらえて、トータル1時間ほどで手早く終了。この日直接来たお客さんは1人で2時間かけてやってもらっていたので、事前にお願いしておいて助かりました。

明洞を歩いていると、とにかくコスメショップのお店が多いのに圧倒されます。2年前よりも確実に増殖してる。FACE SHOPやTODA COSA、ETUDE HOUSEなんかは前からあったけれど、その後にもどんどん増えてるみたい。今回気に入ったのはSKIN FOODというお店。ちょうどBODY SHOPの韓国版みたいな雰囲気で、フルーツや野菜をコンセプトにした化粧品やボディケア製品がたくさん並んでいて、パッケージもすごくかわいい。値段はBODY SHOPの半分ぐらいなので、つい衝動買いしてしまいます。

それからもう一軒、Banila co.というお店が他とは雰囲気が違ったので入ってみたのですが、ここはアパレルメーカーがプロデュースしているそう。そのせいか、他のライバル店と比べるとちょっと洗練された感じ。ボビィブラウンにマジョリカ・マジョリカを足して2で割ったみたいな感じ?(値段はマジョリカ級です)。スタッフも学校でメイクを学んだ人が多くて、2Fにはネイルサロンもあるみたい。ここでは毛穴ケア下地とルミナイザー(BBクリームと混ぜるといいそう)、アイシャドウを大人買い。

ロッテ百貨店の地下に移動して、食品フロアへ。ここで買ったものはケースに入って使いやすそうなゴマ、海苔(王室のりというブランドがお気に入り)、韓国ロッテのチョコパイ(中がマシュマロじゃなくお餅になってるバージョン。中身は黒ゴマときなこの2種類。超うまい。)とヘパラギチョコ(ひまわりの種にチョココーティング)、それから量り売りの白菜キムチとゴマの葉キムチ。キムチは時間が経つと発酵が進んでくるので浅漬けがよければ帰国直前に買うのが鉄則ですよね。まあ、王室のりをのぞけば、ちょっと韓国商品を扱ってる店にいけばたいていのものは日本でも簡単に手に入る時代なんですが、一応韓国旅行のお約束ということで…(笑)。

e0066369_21161560.jpg
昼食は、古宮の全州伝統ビビンパ(これはすごくおいしい。個人的には全州中央会館の石焼ビビンパより好き)と悩んだのですが、ここまできたらいっそサムギョプサルで最後を飾ることにしました。初日の昼から考えると、豚→鶏→牛→豚→粥→豚ときたわけで、これだけ肉とにんにくを消費することは通常の自分ではまずありえないのですが、やっぱりやっちゃいましたね(笑)

サムギョプサルを完食し、無事今回の旅も終了…と思いきや最後に空港でまたまた買い物熱爆発。アモーレパシフィック、雪花秀、ローラ・メルシエを駆け回ってまた散財。やばい、これ以上韓国にいたら破産してしまう!! と逃げるように帰ってきました。でも、「次はいつ行こうかなー」と懲りずに考えている私です。
[PR]
by cita_cita | 2009-07-14 21:13 |
<< 淡路・四国のうまいもん弾丸ツアー 食べまくりソウル旅リターンズ その2 >>