はじめてのBIG ISLAND その6

e0066369_105546100.jpg
ハワイ旅行記も最後になりました。ハワイ島を後にして、一人ホノルルに到着した私。

ホノルルでのプランはほとんど決っていなかったので、まずはホテル近辺をブラブラ散歩。それにしてもワイキキは大都会。300mぐらい歩いていても、切れ目なくお店がぎっしり並んでる。ハワイ島なら300m歩いたら、もう町の端から端まで終わってしまうという感じだったのに!

あまりにも店が多くて、どこまで歩いても人がいっぱいだったので、ワイキキ界隈は明日散歩することにして、行ってみたいと思っていたカハラ・モールのWhole Foods Marketに行きました。カハラ・モールの中はさすがに人もそれほど多くなくて、落ち着いた雰囲気でした。


e0066369_10562129.jpg
e0066369_10563184.jpg
夕方ごろホテルに戻って再び散歩。岩がちなハワイ島では案外砂浜を歩けるところは少ないのでここで改めて夕焼けのビーチを堪能しました。ちょうどフラのイベントをやっていたので芝生に座って鑑賞しました。ウクレレを使うフラもいいけれど、人の声と打楽器だけのクラシックなフラも力強くていいですね。

e0066369_1057334.jpg
晩御飯は行きの飛行機で隣の席だった人と誘い合わせてステーキハウスへ行きました。名物のリブステーキ。2人で分けてもすごいボリューム!

そしてこの夜、とてもうれしいことがありました!ずっと会いたかった人からの電話がホテルの私の部屋に掛かってきたのです。

その人とはこれまでに一度しか会ったことがありません。今から14年前、私がシアトルからラスベガスに向かう飛行機の中で隣の席に座ったメアリーというおばあちゃん。とてもお話好きな彼女と飛行機の中で盛り上がり、連絡先を交換して以来、毎年クリスマスカードを送りあっていました。私が海外旅行に出かけたときには、旅先からカードを送ったり…。でも、数年前からはどちらともなく連絡が途絶えてしまって、音信不通になってしまっていました。彼女はホノルルのパールハーバーの近くに住んでいるということだったので、今回、旅の前に思い切って手紙を送ってみたところ、なんと彼女からメールがきたのです!うれしくてすぐに返事をしたのですが、どういうわけか迷惑メールのフィルターに引っかかってしまったらしく、それきり互いに連絡が取れない状態に…。そうこうしているうちに、どんどん出発の日は近づいてしまい、結局出発数日前にダメもとでホテルの連絡先と滞在日を書いた手紙を送って運を天に任せていました。

すると、この日の晩、私が待ち望んでいたメアリーからの電話があったのでした。このためにホノルルでは何も予定を決めずスケジュールを空けておいた私。うれしくてうれしくて、何をしゃべったのかあまり覚えていませんが、とりあえず翌日の13:00にアラモアナ・センターのLongs Drugs前で会うことになりました。互いの顔なんて全く覚えていないので、この日の昼に行ったWhole Food Marketのショッピングバッグを持っていくことを提案して電話を切りました。Whole Foods Marketはアラモアナに入っていないので、きっと私を見つける目印になると思ったのです。

e0066369_10573429.jpg
翌朝、1時間ほど浜辺を散歩してからドキドキでアラモアナ・センターへ。果たしてメアリーは私を見つけてくれるのか…でも、Longs Drugsの前に行ってみると、入り口が3つもあるのです。それぞれから他の入り口は見えない場所にあります。まだメアリーは来ていない様子で、困った私はウロウロ…彼女は車で来るはずなので、たぶん駐車場に近い入り口だろうと行って見ても姿は見えず。3つの入り口を何度も行ったり来たりしていると、向こうから一人の白髪のおばあちゃんが!私を見た瞬間、彼女の目がまん丸になって、私もピンときて、無言でうなずき合い、感激の再会。

e0066369_10575041.jpg
これがメアリーおばあちゃん。もう82歳になったとのこと。年齢をちっとも感じさせない、チャーミングという言葉がぴったりのおばあちゃんでしょう?2人で1Fのフードコートでランチを食べながら3時間ほどもおしゃべりしました。メアリーは米国本土の出身ですがノースウエスト航空の社員だったご主人の仕事の都合で、結婚後すぐハワイに移住し、以来50年以上ハワイで過ごしています。そのだんな様が昨年お亡くなりになった事をきっかけに、長年住み慣れたハワイの地に別れを告げ、今年の末には娘さんや親戚の住む本土への引越しを予定しているとのこと。私のハワイ行きと、彼女との再会がそのタイミングに間に合ったことをお互いに感謝しあいました。

e0066369_10582525.jpg
話すことはいくらでも尽きなかったのですが、暗くなると運転が不安だとのことだったので、互いに別れを惜しみつつ、再会を約束して記念写真。アラモアナのセフォラ前にて。この写真、大切にしたいと思います。


e0066369_10585668.jpg
e0066369_10591731.jpg
ホテルに戻り、最後のショッピングを楽しみながら晩御飯の場所を物色。結局、ハワイ最後の晩御飯はクヒオ通りにあるサイアム・スクエアというタイ料理店へ行くことに。お客さんが沢山出入りしていたので、おいしそうな予感がしたのです。地元の人らしいお客さんに「向こうのベトナム料理やさんと迷ってるのだけど、ここはお勧め?一人でも大丈夫?」って聞くと「絶対こっち!あそこより安くておいしいよ!」と心強いコメント。彼のアドバイスを聞いて入ってみて大正解でした。大好物のラープ(ひき肉のミント和え)を頼んだのですがこれがもうおいしくておいしくて…。それにしても、ハワイに行ってまで、タイ料理に救われてる自分はやっぱりアジアが向いてるのかもしれないですね(笑)


e0066369_1171941.jpg
翌朝は8時半に空港行きのシャトルを頼んでいたため、ちょっと早起きして外で朝ごはんを食べることにしました。モアナサーフライダー前のビーチで優雅に読書中のマダムを見て、こういう滞在もうらやましいよなーと憧れたりして。

e0066369_1114087.jpg
ホテルの近くのCheese Burger in Paradiseというお店で名物のチーズバーガーを買い、目の前のビーチのベンチで朝ごはん。これがハワイでの最後の食事となりました。


e0066369_1125310.jpg
e0066369_11333.jpg
ハワイ滞在6日にして唯一のハンバーガー。おいしかったー。

e0066369_1132012.jpg
そして帰国後、成田空港で真っ先に食べたのが「だし茶漬け えん」のお茶漬け。アジアの旅では、まずこういうことは思わないのですが、とにかく「和食が食べたいー!!」って欲求がすごかったのです。焼津産初がつおのにんにく醤油だし茶漬け。最高。言葉もありません。あーニッポンよ、ありがとう!と思った瞬間でした。

ところで大自然がいっぱいのハワイ島から比べるとホノルルは都会過ぎて、人の多さにも圧倒されてちょっと疲れてしまった私…でもホノルルといえば、世界中の旅人が憧れる癒しのリゾートのはずなんですが、おかしいなぁ(笑)。でもまたハワイに行きたいな。
[PR]
by cita_cita | 2009-06-28 11:13 |
<< アリラン食堂 ghostのシャルトリューズヴ... >>