ハワイアン・コナ・ピーベリー

ピーベリーって聞いたことありますか。ふつうコーヒー豆はコーヒーの赤い実を割った中から2粒が一組となって出てくるのですが(ちょうど1粒のピーナツが真ん中で2つに分かれるみたいに同じ形のものが2つ、平らな面同士で合わさっているのです)たまに1つの実の中に、1粒だけしか豆が入っていないものがあります。これがピーベリーで、意図的に作ることは難しく、その年の降雨量、日照状況や実のなる位置などの条件が揃ったときに偶然できるものなので、全収穫量の3%とか5%とか言われますが、とにかくそれぐらい希少なものだそうです。

e0066369_926879.jpg
写真の左側が普通の豆(コナのエクストラ・ファンシーというグレードで、かなり大粒のものです)、右側がピーベリー。形がコロンと丸いのがなんとなくわかるでしょうか。全体が丸いということは、普通の形(半球)に比べて均一に焙煎ができるなどの利点があるそうです。味は酸味がすくなくてやさしい感じです。でも、なんだかんだ難しいことを言うよりは、それだけ珍しいものばかりを集めて飲めるってのが単純にうれしかったりするんですけどね(笑)
[PR]
by cita_cita | 2009-05-16 06:55 | おいしいもの
<< Yoga Smile 2008... ぐんぐん育っています! >>